どん底

どん底のドン底!借金まみれの俺が、這い上がったサクセスストーリー

どん底

 

どん底地元の司法書士の先生に債務整理の相談をしてから
私の人生は本当に少しずつ、ゆっくりゆっくりと元に戻っていった。
その期間は実に3年半、まともな生活を取り戻すことができた。

 

どん底高校を卒業してたまたま説明会に行ったのが縁で、
自衛隊に入隊した私は、1年半で配属先から逃げ出し除隊。

 

どん底その後は正直何をしていいのかわからず、職を転々としながらも、
10代だったこともあり、働いて少しお金を持つとすぐに使ってしまい、
ある時は稼いだ以上に飲み屋などで使いまくり、
20代になると総額400万近くの借金を背負ってしまっていた。

 

どん底

 

どん底当たり前だが、どうにか返済するために、食品会社の倉庫で、
当時は珍しいパートとして働き、どうにかこうにかしのいでいたが、
あり得ないくらいの残業代があるからこそどうにかなっていたものが、
急に残業できなくなり、
残業ができないことで生活費を切り詰めても月々支払いが滞ってしまう状況になり、
ある時から、パート先まで借金の取り立てが来るようになった。

 

どん底

 

どん底ある時はスーツの男、ある時は全身ピンクに着飾った派手目の服装の女、
仕事中の電話はもちろん、気の休まる暇もなく、職場に取り立てに来るようになってからは、
職場での人間関係にも当然影響が出始め、ほかのパートさんや職員からも煙たがられるようになり、
私はその職場を2年で辞めることになった。

 

どん底正直もう自己破産しかないと思い、自衛隊時代に唯一、
一緒に配属先を逃げ出した友人に状況を相談した。

 

どん底すると友人は、まずは法律事務所とかで相談してみたほうがいい。と言ったので、
すぐに近くのところを調べて相談した。

 

どん底今振り返ると、あれが私の転機だったかもしれない。

 

どん底

 

どん底すべて私が蒔いた種、自分が全部悪い、それを何とか取り返せないだろうかと、
友人に相談していなければ、債務整理をする運びにはならなかったかもしれない。

 

どん底相談後の私は実家から近くのホームセンターでアルバイトしながら、必死に働き、
実に3年半で、この期間が長いのか短いのかはわからないが、
最後の支払いを払い終えた日は滑稽だった。

 

どん底案外、やっと終わった!とか、そういった感動はなく、
ただただ、これで普通になれる的な、ありきたりな感情だった。

 

どん底支払いを終え、預金通帳などをすべて司法書士の先生から返してもらい、
次の月の給与からもらった給料が引かれないのだと思うと、
この時始めて、すべてに対して感謝の気持ちがあふれ、
助言してくれた友人にごちそうした。

 

どん底

 

追記

 

どん底その後もホームセンターで働き続けていた私の元に、
前のパート先の人が買い物に来て、私が働いていることに気がついて、話しかけてきた。

 

どん底彼は私に挨拶し、あれからどうしたか心配していた。と社交辞令的なことを言ったが、
帰り際に一言わたしにこう言ったのが印象的だ。

 

人生なんとかなるもんだね。

 

 

どん底人生はなんとかなるもの。本当にその通りだ。

 

あの頃はとてもじゃないが、今の自分を想像できなかった。

 

どん底その後私は、仕事ぶりが認められ、2年務めたのちに準社員、
その次の年にホームセンターの社員になることができた。

 

どん底給料は涙が出るくらい安いが、同じ職場の女性と結婚し、
子供もいる、子供は実家の親に預け、共働きでどうにか生活している。

 

良くある話だが、これが私のハッピーエンドだ。

 

最近、家族で使うために車を買うためにローンを組んだ。

 

ローンが通ったときは嬉しかった。

 

どん底普通に戻れたことをまた一つ実感できたからだ。

 

任意整理で解決!

 

相談前
○借金280万円
○毎月の支払い額12万円
○金利13〜15%

 

相談後
○借金180万円
○毎月の支払い額4万円
○金利0%

 

解決実績15000件

 

債務整理!借金半額は夢ではない!

 

借金状況の無料診断

 

3つの質問に答えてあなたにピッタリの相談所を見つけましょう。

街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

債務整理

 

債務整理