過払い金 計算方法

過払い金の計算方法について

過払い金の計算方法について

 

過払い金の計算方法をしりたい!、取引履歴の明細書をもとに
「元金(残金)×利率(18%)÷365×日数=」で
計算し、最終的な差額が過払いの請求額だと聞いたことがあります。

 

しかし、不安な部分はまだまだあるかと思います。

 

延滞利息や未収利息等は無視して計算できるのか?

 

10年以上経つ取引は時効、除外して精算できるのか?

 

など不安な部分はかなりあるかと思います。

 

最近は過払い金を簡易計算してくれるようなところもかなりありますので、
そちらを試してみたほうが早い場合もあります。

 

基本的には借入額、借入日、毎月の弁済額、利率などを入力すると、
正しい利率との差額が出てくるようになっています。

 

過払いになっている場合もありますが、
残債が残っている場合もあります。

 

ですが基本的には相当額の減額になるようです。

 

取引履歴や契約書が残っている場合、
それを確認しながら各社ごとに調べてみると良いのではないでしょうか。

 

簡易計算なので、あくまで目安ということにもなりますが、
その作業から債務整理専門の法律事務所などに無料相談してみると良いと思います。

 

知人はネットで地元の先生を探し、
借金問題を解決しました。

 

相談すると、
今後の行動の仕方などがハッキリ見えてくると思います。

 

任意整理で解決!

 

相談前
○借金280万円
○毎月の支払い額12万円
○金利13〜15%

 

相談後
○借金180万円
○毎月の支払い額4万円
○金利0%

 

解決実績15000件

 

債務整理!借金半額は夢ではない!

 

借金状況の無料診断

 

3つの質問に答えてあなたにピッタリの相談所を見つけましょう。

街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

債務整理

 

債務整理